理学療法士相談会

-Physical Therapist Consultation meeting-

理学療法士によるマンツーマン無料相談会開催!

理学療法士とは…

病気やケガ、老化、過度の運動などが原因で身体機能に障害を持った人に対し、理学療法を用いて基本的な運動能力の回復を図る。対象疾患は中枢性疾患、整形疾患、脳性麻痺、内部疾患など。筋力増強や関節の動きを調整する「運動療法」、温熱・電気などの「物理療法」のほか姿勢の矯正・歩行など、生活習慣の改善や指導を行うことも。 理学療法士は本来、病気や怪我が原因で身体に障害のある方、痛みなどにより思うように生活ができない方に対し、医師の指示のもとで理学療法を行う有国家資格者です。 しかし近年、理学療法士としてその専門知識や経験を生かし、介護予防、生活習慣病予防、腰痛予防など予防理学療法まで職域を拡げ社会のニーズに応えられるようになってきています。

機能解剖学とは…

まず、解剖学とは身体構造(内臓、脳、骨、筋肉、神経など)の位置関係に基づいた学問になります。 その中でも筋肉や骨などの位置関係だけでなく「動き」について考察した内容が機能解剖学になります。


どんな目的があってどんな効果が期待できるの?

姿勢矯正・・・正しい姿勢とは?姿勢が悪い原因探求、原因別対処法、トレーニング

リハビリトレ・・・怪我から回復し、日常生活に支障は無くなったがトレーニングにはまだ支障がある方のトレーニング方法

障害予防・・・怪我をしやすい、繰り返し同じ部位を故障する。その理由を探り、怪我、故障しにくい身体へ

パフォーマンスアップ・・・成績、スコアの伸び悩み、もう一段上へレベルアップしたい、競技別のトレーニング方法、身体の使い方の見直し、パフォーマンスアップにつなげていきます。

~カラダのプロがアドバイス~
フィットネスジムウップススーパーバイザーの理学療法士があなたのお悩みを解決します!
マンツーマン無料相談会~あなたの状態をみて的確にアドバイス

機能解剖学的トレーニングにつながる!

12月13日(日)10時~15時 ※要予約

こんな方におすすめ!
● 病院でのリハビリは終わったけれど、もう一つ調子が悪く、リハビリを続けたいが何をすればいいのかわからない…

● 日常生活には支障はないが体を動かすことが不安でスポーツや趣味を楽しめずにいる…

● 怪我のリスクを減らし、スポーツパフォーマンスを上げたい…

● くりかえす腰痛、ひざ痛、肩痛を何とかしたい…

    etc…


相談会の流れ

1.予約(下記予約フォームにて)

2.相談会(30分)~カウンセリング~状態チェック~セラピーとアドバイス


ご予約は下記フォームにて承っております。


    予約予約キャンセル


    男性女性


    ※基本的に、ご予約やお問い合わせを頂いた際は、24時間以内にご返信させていただいております。

    もし、届かない場合再度右記までご連絡をお願いします。fitness@oops-himeji.co.jp

    迷惑メール防止のためメールの受信設定をしている場合は、ドメイン指定解除を行ってください。